葉酸サプリが注目されている理由【妊活力をグーンッと高める】

赤ちゃんの性別を決定

妊婦

我が子の未来

男女が生まれてくる確率は50%ずつである。男の子が欲しい、女の子が欲しい、それぞれに希望はあるだろう。赤ちゃんの産み分けは可能なのか考えていく。現在のところ、100%産み分けるのは難しい。7〜8割の成功率である。性別は女性の卵子に関係なく、男性の精子によって決まる。精子はX染色体とY染色体を、卵子はX染色体のみを持っている。卵子と精子が受精するとXX染色体の場合は女の子、XY染色体の場合は男の子になる。X染色体は酸性に強く、寿命が2〜3日、動くスピードが遅い。Y染色体はアルカリ性に強く、寿命は1日、動くスピードが速いという性質がある。産み分けには女性の排卵日も重要になる。通常女性の膣内は酸性であるが、排卵日付近は酸性度が低くなる。女の子を望む場合、排卵日の2日前に性交し、それ以降は避妊する。また性交は淡白に行う。女性がオルガスムスを感じると膣内がアルカリ性になるためである。男の子を望む場合、排卵日まで5日間ほど禁欲し、排卵日当日に性交し、排卵日を過ぎたら避妊する。また男の子の産み分けにはリンカルを服用する方法がある。リンカルとは天然カルシウムのことであり、副作用の心配もない。科学的根拠はないそうだが、男の子が多く生まれている。ピンクゼリー、グリーンゼリーという膣内の酸性度を調整する産み分けゼリーもある。こちらも天然成分で副作用の心配がない。最後に産み分けに成功しなかった場合のことも考え、どちらの性別でも自分の子どもに変わりはないため、子どもを愛し、大切に育てる覚悟がなければ挑戦するべきではないだろう。

Copyright© 2018 葉酸サプリが注目されている理由【妊活力をグーンッと高める】 All Rights Reserved.