葉酸サプリが注目されている理由【妊活力をグーンッと高める】

子作りにおいて

妊婦

希望する性別の赤ちゃん

子作りにおいて、夫婦によって生まれてくる赤ちゃんの性別に希望がある場合もあるでしょう。その際、産み分けという方法があります。産み分けをすることで希望する性別の赤ちゃんを本当に授かることはできるのでしょうか。産み分けの成功確率は、70〜80%といわれていますが、正確なデータはまだありません。しかし、女の子がほしい、男の子がほしい、とこだわりのある夫婦やカップルにとって、この確率はけして低い値ではないと思われます。そこで、産み分けするにあたり気をつけるべき点についてあげてみたいと思います。まず、赤ちゃんの性別は卵子に受精する精子の種類によって決まります。女の子を授かるためにはX精子、男の子はY精子といい、それぞれ特徴が異なります。この特徴をしっかり踏まえた上で妊娠前に行動することが必要です。X精子は、酸性に強く、アルカリ性に弱い、寿命が長いという特徴、Y精子は酸性に弱く、アルカリ性に強い、寿命が短いという特徴があります。そのため、女の子がほしい場合には、膣内が酸性に保たれている排卵日2日前にセックスをするといいとされています。男の子がほしい場合には、膣内がアルカリ性にかたよる排卵日当日のセックスがいいとされています。よって、女性側は排卵日を安定させるために体調を整えること、基礎体温をつけて自身の正確な排卵日を知っておくことが産み分けにとって重要といえるでしょう。また、産み分けゼリーといわれるものもたり、膣内の酸性、アルカリ性を調節するために注入するものもあります。産み分けは確実とはいえませんが、このような商品を試してみるのもいいかもしれません。しかし、赤ちゃんはかけがえのない大切なもの、男の子だとしても、女の子だとしてもそれは変わりありません。産み分けが失敗したとしても、赤ちゃんに会えた喜びは何にも代えられない素晴らしいものとなるでしょう。

Copyright© 2018 葉酸サプリが注目されている理由【妊活力をグーンッと高める】 All Rights Reserved.